警備の事務に向いてないので辞めたい!無駄に時間を過ごすのが辛い!
私は現在も警備の事務で働いていますが、暇を見つけてはネットサーフィンをして時間を潰すことが増えてきました。ただ最近になって「人生を無駄に過ごしているでは?私は警備の事務に向いてない?」と考えることが増え、仕事を辞めたいと考えるようになってきました。

 

私が警備の事務に入社したきっかけは、知り合いから「警備の事務の仕事をしないか?」と誘われたことがきっかけで入社することになりました。以前に事務の仕事は経験があったので、数字を見たり伝票の入力をしたりする仕事は得意でした。

 

仕事をするうちに警備員の資格を取っていくことで警備業を開業できることを知りました。総務も経理もする総合事務だったうえに、経営者が高齢なのと警備員は経営に興味がなさそうだったという条件がそろっていたので、そのうちに資格を取得してゆくゆくは経営を引き継いで・・・と考えていました。

 

しかし、警備員は20~30人いるものの外勤なので、事務所には経営陣と事務の私だけでした。30代の私の直属の上司が70代というジェネレーションギャップに見事に私の希望は握りつぶされました。

 

とうに定年を過ぎた経営陣は直ぐに退職するだろうと思っていたのですが、ほとんど仕事をしなくても給与が振り込まれるので、パソコンも使えず喋るかボーッとしていることしかできません。そんななか、しつこく仕事にしがみつき、とにかく自分勝手な発言と行動で、こちらのペースは完全に無視して仕事を押し付けてきます。

 

業種的に女性が少ない職場なので雑用はもちろん全て押し付けられ、プライベートなことまで頼んできます。そんな精神的に疲れ果てた私の経験をご紹介させていただきます。

 

まずは、適正チェックであなたの強みを調べてみませんか?

 

もし、今の仕事が不満ならミイダスの適正チェック(コンピテンシー診断)で確かめてください。
仕事を辞めたい・・・と思ったときには、まず現状を把握することが大切ですからね。このツールで今のうちに自分の強みを把握しておきましょう!

 

(以下のような診断結果を無料で作成してくれます)

 

ミイダスに無料登録すると、「適正チェック(コンピテンシー診断)」を受けることができます。回答するために15~20分かかりますが、ここまでしっかりした適性結果を無料で作成してくれるサービスはありません。

 

 

自分の強みを知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

 

とりあえず、ミイダス適正チェックを無料で受けてみる
(会員登録後に適正チェックを受けることができます)

 

なぜ、警備の事務に向いてないと感じるのか?

なぜ、警備の事務に向いてないと感じるのか?
とにかく経営者の自分勝手な経営に付き合わされるという点です。その自分勝手な発言と行動に周りが振り回され、付いていけない人は仕事が出来ないというレッテルを貼られるのです。

 

私が経験したものの1つは、経営者が基本的に仕事を受注・警備員の手配をしているのですが、高齢のためにボケているのか、受注したことを忘れてしまうことがよくありました。もちろん発注者からは警備員が来ていないと指摘されるのですが、ひどい場合はほったらかしにします。

 

「その発注者も頻繁に人数を変えてくるから・直前に依頼をしてくるから」という理由でほったからしです。そして私に、「また電話が来たらすみませんでした!と言っておけ」です。信じられませんでした。こんな指示に従わなければ、融通が利かないというレッテルを貼られます。

 

よくこんな仕事ぶりで会社が経営できるものだと思われるでしょうが、現在の道路工事には警備員を配置しないといけないという決まりがあります。景気の向上と共に工事数が増え需要が多く、仕事内容がきついので警備員になる人がおらず、供給が少ないのです。

 

また、それなら経営者に代わって受注・手配の仕事もしたら良いんじゃないかと思うのですが、実際に私も何度か提案はしました。しかし、経営者はそれしか仕事がないのです。その仕事を取られると自分の存在価値がなくなることを知っています。

 

そのため、決してその仕事を手放そうとしないのです。本当に困ります。こんな毎日を過ごしていると、できるだけ無難に一日を終えたくなり、仕事に対しても余計なことはしたくないと思うようになっていきました。すると、絶対に私がいないと会社は回らないのに、陰で仕事には向いてないと吹聴され、私のやる気は一気に地の底へ落ちていきました。

 

警備の事務を辞めたくなる理由

警備の事務を辞めたくなる理由
辞めたくなる理由は、やはり上司の機嫌を取る仕事を毎日毎日続けて、あまり指摘されないように無難に仕事をこなしていると、全く仕事が楽しくありません。

 

そんな毎日だったので、だんだんと仕事の隙間時間にするネットサーフィンが楽しみになり「いかに仕事をさっさと済ませてネットを見る時間を作るか」が私のなかで重要になってきました。

 

ですが、ふと何の目標もなく毎日時間を消費しているだけの自分に気づいたときに、何のために仕事をしているのかだんだんと分からなくなってきました。「私はこの仕事で何がしたいんだろう?」という漠然とした悩みが付いて回るようになってきました。

 

この漠然とした悩みは日に日に大きくなっていき、人生を無駄に過ごしている気持ちが不安になってきました。以降、些細なことで注意をされたとき、今まではサラッと流せていたものが「もう一刻も早く辞めてしまいたい!!」と思ってしまうようになりました。

 

自分の大切な時間やプライドや希望を犠牲にしているのに、評価されていないと感じてしまったのです。そう感じた途端に、この仕事は絶対に辞めようと決意しました。

 

警備の事務に向いている人・向いていない人の特徴

警備の事務に向いている人・向いていない人の特徴
ここまで私の経験からのマイナス面を紹介してきましたが、警備の仕事自体は決して悪いものではありません。女性の少ない職場なので、女性は警備員からは優しくしてもらえますし、みんなの事務管理をしているので、頼りにもされます。

 

警備の事務に向いている人
淡々とした仕事が好きな人

育児中など、とにかく時間分だけ働いて給与をもらえれば良いと思っている人

経営を目標としている人

個性の強い経営者や警備員と上手くコミュニケーションが取れる人

パワハラに屈しない人

 

 

警備の事務に向いていない人
リーダーシップを取りたい人、自分の力で仕事を回したい人

スキルアップしたい人

パソコンに長時間向き合えない人

淡々とした仕事が苦手な人

 

警備の事務でモチベーションをあげる手段とは?

警備の事務でモチベーションをあげる手段とは?
警備員には教育が必須で、年に1~2回は全員が教育を受ける必要があります。また、新たに入社した警備員の教育や様々な書類作成が必要になり、処理される順番も決まっています。

 

その作業を深く理解していると、とても重宝されるのでモチベーションもアップします。そして、警備の経営をやってみたいと考えている人なら、ぜひ警備員として現場に出ることをおすすめします。

 

なぜなら、警備員2級を取得した後に現場経験を積むと指導責任者を受ける資格ができ、資格を取得できれば開業も可能だからです。警備員として入社する人は勉強が苦手な人が多いので、内勤からの資格取得は意外と穴場です。資格があれば経営者が退陣する時に業務を引き継げるので、経営に興味があるなら取っておいて損はありません。

 

警備の事務で身に付く技術とは?

警備の事務で身に付く技術とは?
大手の会社では難しいと思いますが、小さな会社では少人数の事務が総務・経理・事務所の管理を含め全てを行います。そのため、総合的な事務職の知識が身につくので、社会保険や年末調整の手続き・経費の仕訳や経営管理などの知識が深まります。

 

警備の事務からおすすめする転職先とは?

警備の事務からおすすめする転職先とは?

他業種の事務職

事務職が苦手じゃない人には、とてもおすすめです。警備業の事務では、さまざまな事務作業が出来るスキルが身に付くので、色んな業界の事務に対応することできます。

 

警備員

女性であっても、経営に興味がある人は警備員がおすすめです。警備員は難しく感じると思いますが、職場は男性ばかりなので優しくしてくれます。また、経営に必要な資格を受ける条件になってきます。

 

警備業の事務で働いている人へのメッセージ

中小の警備会社では、社員と経営者との距離が近く、一般の事務職だとしても経営者から意見を聞かれたりして、悪く言えば何でも屋ですが、良く言えば経営のノウハウを学べるポジションです。

 

スキルアップを望んでいないのであれば、慣れた作業を続けるだけで仕事になりますし、頑張れば経営者にもなれる。自分で働き方を決めることが出来るので、できるだけ気の合う経営者の元で仕事を楽しんでください!

 

まずは、適正チェックであなたの強みを調べてみませんか?

 

もし、今の仕事が不満ならミイダスの適正チェック(コンピテンシー診断)で確かめてください。
仕事を辞めたい・・・と思ったときには、まず現状を把握することが大切ですからね。このツールで今のうちに自分の強みを把握しておきましょう!

 

(以下のような診断結果を無料で作成してくれます)

 

ミイダスに無料登録すると、「適正チェック(コンピテンシー診断)」を受けることができます。回答するために15~20分かかりますが、ここまでしっかりした適性結果を無料で作成してくれるサービスはありません。

 

 

自分の強みを知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

 

とりあえず、ミイダス適正チェックを無料で受けてみる
(会員登録後に適正チェックを受けることができます)

おすすめの記事