小学校教員がつらいので辞めた・・・過労でストレスが限界になった理由
今は採用試験の倍率もどんどん下がり、不人気の職業になった小学校の先生です。また、「小学校教員の夢が叶った!」と喜んでいた新任の時の気持ちは、忙しくてつらい毎日のなかで消えてしまいがちになります。

 

責任感が強い教員は自分のプライベートな時間を削ってでも子供の為に尽くそうとします。その結果、心を病んで辞めてしまいたいと思う先生が急増しています。

 

また、保護者は勝手な教員の理想像を思い描いているので、何か問題が起きると学校が悪いと連絡してきます。この保護者のプレッシャーで押しつぶされそうになることもあります。

 

私が実際に小学校教員を経験し辞めてしまったリアルな体験談をお伝えし、悩んでいる教員の心の支えになればと思います。

 

まずは、適正チェックであなたの強みを調べてみませんか?

 

もし、今の仕事が不満ならミイダスの適正チェック(コンピテンシー診断)で確かめてください。
仕事を辞めたい・・・と思ったときには、まず現状を把握することが大切ですからね。このツールで今のうちに自分の強みを把握しておきましょう!

 

(以下のような診断結果を無料で作成してくれます)

 

ミイダスに無料登録すると、「適正チェック(コンピテンシー診断)」を受けることができます。回答するために15~20分かかりますが、ここまでしっかりした適性結果を無料で作成してくれるサービスはありません。

 

 

自分の強みを知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

 

とりあえず、適正チェックを無料で受けてみる
(会員登録後に適正チェックを受けることができます)

 

なぜ、小学校教員の仕事がつらいと感じるのか?

なぜ、小学校教員の仕事がつらいと感じるのか?

やることが多すぎて、限りがない

事務職とは違って、書類を作成すれば終わる仕事でもありません。人への教育には上限がなく、してあげられることも限界がないってことですね。

 

子ども1人1人、手のかけ方も違います。クラスが30人いるとしたら、30通りのサポートをする必要があります。「やることはすべて終わった!」と帰宅してる教員はいないのではないでしょうか?

 

1人の負担が大きすぎる

小学校教員は、ただ授業を教えるだけではありません。「生活指導・行事への準備・保護者の対応・放課後クラブ」など、学校に関することなら、すべて行う必要があります。

 

役割分担はされていますが、基本は担当してるクラスのことは、自分1人で対応します。特に、小学校は全科目を教えるので授業するだけでも手一杯になります。

 

社会人1年目から、人の見本になる必要がある

大学を卒業して、すぐ周りから尊敬されるべき見本の姿を見せないといけません。子どもはよく大人のことを見ています。

 

ささいなことでも少し気を抜くと、親に告げ口をされ、大きな問題になってしまうこともあります。教員の失敗については、風当たりがものすごく強く、間違いができない窮屈な存在になっています。

 

でも、遊び心をなくした教員はつまらないものです。失敗をしたら誠心誠意に謝る姿も、子どもたちには必要な姿です。少しのミスも許されない世の中が、教員が辛いと感じさせる理由の1つですね。

私が小学校教員を辞めた理由

私が小学校教員を辞めた理由

理想と現実のギャップを感じた

実際に勤務してからは、外から見えなかった現実的な面を見ることになります。憧れていた小学校教員になっても、「こんなはずじゃなかったのに・・・。」なんて、理想と現実のギャップから落ち込む日々が続く教員は多いです。

 

「子どもたちが言うことを聞いてくれない」「保護者からのクレームが多すぎる」自分が生徒だった時の輝いていた教員の姿は消え、ドロドロした面を見る機会が増えてきます。想像していた生活とは違い、耐えられないで辞めてしまう人も多いです。

 

ストレスを抱えて、体調を崩した

子どもたちが下校してからが自分の時間となり、帰宅が22時を過ぎることも多くあります。土日も「授業の準備・問題を起こした子どもの対応・行事の計画」などで、休めることが少ないです。

 

ストレスをうまく発散できない教員は、どんどん体に負担がかかり体調を崩してしまいます。オンオフを切り替えできることが、何よりも大切なことです。

 

悩みを抱え込み、精神的におかしくなった

小学校には、たくさんの先生がいますが、それぞれが毎日、一杯一杯で、ゆっくり話をしている時間帯はほぼありません。

 

新人の頃は、「授業がうまく行かない・子どもと良い関係が作れない・保護者の対応がわからない」など悩みはつきないものです。

 

でも、他の先生も忙しいからと、相談しにくい環境が出来上がっています。人を育てる職業柄、「悩みがあるならいつでも言って」と声をかけられることもありますが、気を使って相談できないタイプも多いです。

 

そのため、悩みを抱えながら過ごすことで、心を病み、倒れてしまう教員が増えています。倒れる前に声を上げられるかが、大きなポイントですね。

 

小学校教員を辞めてもいい人・辞めないほうがいい人の特徴

小学校教員を辞めてもいい人・辞めないほうがいい人の特徴

小学校教員を辞めてもいい人

親の期待だけを背負ってる人
教員をしてる人は、親が教員って人も多いですよね。もちろん親は自分と同じ職業に就いてくれたら、うれしくなるのは当然です。

 

しかし、別の仕事をしても、期待を裏切ることにはなりません。転職すると聞いたら、最初は残念がると思いますが・・・親の願いは、子どもが元気に過ごしてくれることが一番なはずです。

 

「親の期待を裏切る行為はしたくない!」と自分の気持ちと向き合わないままでいると、いつか後悔します。「親がどう思うか?」ではなく、自分はどうしたいかを考えることが大切ですね。

 

小学校教員を辞めないほうがいい人

まだ夏休みを経験してない人
3年以内で辞めてしまう教員は、半数近くになります。一番きつい時期は、教員になってから2,3ヶ月の間。毎日の業務に追われて、辞めたいと思うのは当然です。教員はただでさえ仕事が多いので、対応しきれない状況はわかります。

 

でも、長期休暇は少しゆとりが生まれ、活力を取り戻せる期間です。子どもたちが毎日登校しない長期休暇を経験してない場合、もう少し辛抱してみるのをおすすめします。

 

小学校教員を辞めるときのアドバイス

小学校教員を辞めるときのアドバイス

子どもと関われる職業は教師だけではない

「子供と関わる仕事がしたいから教員になった。」ってタイプも、教員でなくても、子どもと触れ合える仕事はたくさんあります。

 

もし、辞めたいと思ったら、「自分のやりたい仕事は、教員以外でもできるか?」考えてみると答えが出るかもしれません。

 

立ち止まって、本当にやりたいことを考えることも大切

好きなことを仕事にすることは、とてもステキなことです。でも、自分が本当にやりたいことは、教員だけだったでしょうか?

 

もし、他にもやりたいことがあって悩んでいた時期があったのなら、どちらが向いてる職業だったかを考えてみましょう。教員を経験したからこそ、向き不向きがリアルに感じ取れることもあります。

 

辛いからやっぱり辞めようって軽い気持ちでは、逃げクセがついてしまいます。しかし、体を壊してまで続ける理由があるかを考えることも重要ですね。

 

小学校教員からおすすめする転職先とは?

小学校教員からおすすめする転職先とは?

塾の先生

「勉強を教えることが楽しい!」教員の魅力は、教えることですよね。もし、授業をしている間は、自分は輝いてると感じてるなら、塾の先生の道もあります。

 

生活指導をする時間はほとんどなく、授業だけを追求できるので、自分の特技を存分に活かすことができる仕事ですね。

 

児童養護施設の職員

逆に、勉強ではなく、人を育てることに使命を感じるってタイプは、児童養護施設の職員が向いています。虐待児童などの家庭に事情を持った子どもの親代わりとなって、生活を共にする重要な職業です。

 

複雑な世の中になっているので、親の都合で家族と一緒に暮らせない子どもたちは増えています。社会的にも責任のある職なので、子どもの成長をずっと見ていたいと感じるならピッタリの仕事ですね。

 

小学校教員をしている人へのメッセージ

子どもたちの生活は大切だけど、まずは自分の体が一番

教員には、どんなに辛い状況でも「クラスのことを想うと、辞めるなんてできない!」と、責任感がある人が多いですね。でも、我慢しすぎて、倒れてしまったら、本当にクラスの子どもたちのためになるでしょうか?

 

一度、突っ走り続けないで、立ち止まることも大切です。先生の代わりはたくさんいますが、あなたの代わりは誰一人いません。

 

教員生活を続けていく場合も、退職してしまう場合も、壊れてしまう前に、声を上げられるかが大きなポイントです。教員だからと、穴を開けてはダメって決まりはありません。転職する権利、休む権利は誰にでもあるんです。

 

長い人生、必ず教員をしてきた経験は活きてきます。教員が限界だと感じているなら新しい一歩を踏み出すことで、気持ちが晴れることもあります。周りがどう感じるかではなく「自分が教員を続けたいのか?辞めたいのか?」納得できる答えを見つけることが最も大切です。

 

まずは、適正チェックであなたの強みを調べてみませんか?

 

もし、今の仕事が不満なら給料が安いならパソナキャリアの年収診断で確かめてください。
仕事を辞めたい・・・と思ったときには、まず現状を把握することが大切ですからね。このツールで今のうちに自分の現状を把握しておきましょう!

 

(以下のような診断結果を無料で作成してくれます)

年収診断

 

パソナキャリアに無料登録すると、「年収診断」の結果に応じてすぐに適切な求人に応募できます。回答するために3分かかります。

自分の価値を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

パソナキャリアに無料登録して年収診断を受ける
(会員登録後すぐに年収診断)

 

※診断結果は独自のデータに基づき算出されています。他社サイトの診断とも比較して平均値を確認しましょう。

DODAに無料登録して年収診断を受ける
(会員登録後すぐに年収診断)

リクルートエージェントに無料登録して年収診断を受ける
(会員登録後すぐに年収診断)

ミイダスに無料登録して年収診断を受ける
(会員登録後すぐに年収診断)

miidas

年収診断

 

今すぐ役立つ転職エージェントの公式サイト一覧

【マイナビエージェント】
総合型の大手転職エージェント

【第二新卒エージェントneo】
20代転職ほかフリーターなど学歴不問の就職

【就職Shop】
リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援

【リクルートエージェント】
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1


【ハタラクティブ】
若年層のフリーターや第二新卒に特化した就職、転職支援

【Aidem Smart Agent】
総合型転職エージェント

【ウズキャリ】
第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職サポート

【フーズラボ】
外食業界特化の転職エージェント

【ITK】
飲食特化型の求人

【ミイダス】
転職支援のアセスメントリクルーティング プラットフォーム

【レバテックキャリア】
ITエンジニア転職サポート

【Tech Stars Agent】
ITエンジニアのための転職エージェントサービス

【TechClipsエージェント】
ITエンジニア専門 高年収高待遇求人

【メイテックネクスト(IT)】
ITエンジニアに特化した転職エージェント

【メイテックネクスト(IT以外)】
機械・電気電子・化学・素材等 エンジニアに特化した転職エージェント

【DODA】
無料エージェントサービスも利用できる日本最大級の求人数を掲載するサイト

【MIYAKO TICKET】
20代を応援する転職支援エージェント

【ゲキサポ!転職】
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス

【ランスタッド】
ハイクラスを目指す20代後半~30代の方の転職にフォーカス

【DYM就職】
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!

【キミノミライ】
東京で働きたい若者のための就職・転職サービス

【パソナキャリア】
総合型の大手転職エージェント

【JHR転職エージェント】
既卒・第二新卒の就活を応援します!

【ジョブリンクワーク】
アルバイト・短期バイト・正社員・派遣の求人情報サイト

【リクナビ派遣】
日本全国、数万件のお仕事を掲載

【TOKYOインターンU-29】
脱・ニート・フリーター・派遣!ゼロから正社員

【かいご畑】 
介護専門求人サイト

【カイゴジョブ】 
介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人情報サイト

【パソナライフケア】 
介護職・保育職の求職者向け人材サービス

【ナースネクスト】 
看護師転職支援サービス

【セレジョブ】 
20代看護師に特化した転職支援サービス

【シゴトイン・バイト】
24時間応募OK!人気のアルバイトを探すなら

おすすめの記事