不動産投資用のローンで資金を用意する方法

手元に資金が十分に無い方でも、ローンを利用することで不動産投資ができるようになります。近年は金利が低い時代が続いています。銀行に預金をしていても利息が増えず、資金を運用しているとは言えない状態です。将来に備えて資金を運用したいけれども、いい方法が見つからないと感じている人もいます。

不動産投資は、長期的な資金運用先を探している人にはぴったりの方法といえます。地価は規模の大きい都市で上昇傾向が見られますので、うまく運用すれば利益も確保できます。投資にはたくさんの種類がありますが、さすがに不動産投資となると、十分な資金が確保出来ていないと難しいのが現実です。

しかし、資金といっても現金である必要は無く、ローンを利用して投資のためのお金を用意することも出来ます。不動産投資を目的としたローン融資を行っている金融会社はたくさんありますので、上手に活用していきたいものです。

最近は、金融会社も資金運用に前向きな姿勢を見せており、金利や、審査の面でもローンが利用しやすくなりつつあります。ただし、住宅ローンより不動産投資ローンのほうが高金利で審査も厳しめなので気をつけましょう。

投資のために不動産を購入することは、住居にすることではなく利益の確保が主目的ですので、利益がなければ損をするばかりになります。不動産投資による利益とローン利用による利息の支払いをシミュレーションして、長期的な視点で投資することが肝要となります。

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンについてです。ローンには色々な商品が存在し、借り方や用途によって違うローンを数多くの人が巧みに使っています。高額の融資を長期に渡って受けたい時に利用するものは、不動産を担保に借りるローンです。

ローンの中でも、物的担保として家や土地などを使い、お金を借りるという契約が不動産担保ローンです。無担保ローンと比較すると利用限度額が高額なこと、低金利で長期融資が可能となります。目的型ローンはあらかじめ決まっている使い方しかできませんが、不動産担保ローンの使途は制限がありません。

担保にする不動産の評価価値によって借入金の限度額も左右されますが、100万円〜1億円まで、広い範囲の金額の融資を受けることが不動産担保ローンではできます。金利5%〜10%くらいでの貸付が、不動産担保ローンではよくあります。

担保や保証人を立てないローンと比較すると金利は低めに設定されており、無理なく返済できます。不動産を担保にすることが借入時の契約内容に含まれますので、不動産担保ローンで借りたお金が返せなければ担保となった不動産は競売行きです。

担保の入れ方には幾つか種類があり、抵当権、根抵当権、質権などによって扱いが変わります。どういった条件でお金を借り、返済をするのか、不動産担保ローンでは内容を吟味することが欠かせません。

不動産担保ローンのメリットとデメリット

不動産担保ローンは、どんな人でも利用することができます。目的を限定されずに借り入れることができるため、会社関係でも事業主でも利用できる、可能性の広いローンです。これから事業を展開していきたい経営者の場合、まだ企業としての実績が浅かったりします。

現時点では会社の収益が思わしくなく、融資を受けたくても審査に通りにくいこともあります。担保として不動産を用いることで審査に通りやすくなったり、融資可能な金額が引き上げられたりすることもあります。不動産担保ローンは、比較的審査が早く担保となる不動産の名義が確認できれば、ほとんどの場合スムーズに審査が進みます。

不動産担保ローンは審査から融資までが早いので、至急資金を集めなければいけない場合などに効果的に機能します。価値の高い不動産を担保として使うことができれば、借りたお金に関しては低金利で時間をかけて返済していくことも可能です。

最近ではローン会社によっては、親の不動産を担保にローンを組むことができる場合もあります。金融会社に相談をすることで、不動産を所有していない人でも融資の可能性がある場合もあります

不動産担保ローンは、文字通り不動産を担保にローンを組むので、万一返済ができなくなった場合不動産は競売にかけられてしまいます。不動産担保ローンだけでなく担保型のローンは色々なものがありますが、個々に条件が違いますので、条件は事前に把握しておきましょう。

リフォームの費用は住宅ローンが利用できる

ローンを組んで資金を調達し、今の家をリフォームしたいと考えている人は、結構た多いようです。不動産を購入する時の住宅ローンと比べると、リフォームローンのほうが、金利が高めになっています。利用限度額が低いこと、担保なしで融資が受けられることが、金利が高く設定されている理由です。

住宅ローン同様の金利でリフォームに必要な資金を調達したいという人は、住宅ローン融資を受けて、リフォームを行うといいいでしょう。中古住宅を購入する予定があるなら、リフォーム費用を含めた住宅ローンがおすすめです。

リフォーム分の費用も込みで中古住宅の購入費用という扱いで住宅ローンの融資を受ければ、リフォーム費用分の利息を緩和できます。住宅ローンと、リフォームローンを別々に借りると手続きや返済が二度手間になるので、一つにまとめたほうが楽です。

リフォーム減税は、現時点での住まいをリフォームしたいという人が使うとお得になるかもしれない制度です。リフォーム減税を行うことで、住居のバリアフリー化や、省エネ化、耐震工事などを、少ない負担額で行うことができるというものです。

贈与税を非課税にできたり、固定資産税を減らすことができたり、所得税を低く抑えることができるようになります。リフォームの減税を受けるには、決められた条件を満たすリフォームを行っている必要があります。納得のいく住環境を得るには、リフォームローンの性質を知り、積極的に活用していきましょう。

住宅ローンのシミュレーションでのポイント

住宅ローンのシミュレーションをするうえで、さまざまなことを考えなくてはなりません。住宅ローンの完済までには長い時間がかかりますので、その間の収入面の変化やライフステージも含め様々なことを折り込んでいきましょう。子育てに関する費用や教育資金など、住宅ローンのシミュレーションをする上ではローン返済の他にどんな支出が考えられるかを考えましょう。

ある統計では、1人の子どもを大学まで出す場合、全て公立だとしても1,107万円が必要です。これは、文部科学省の子どもの学習費費用と日本学生支援機構による調査結果によって算出された数字です。家を買うのは相当な出費ですが、実は子育てにもかなりの出費がかかります。

団体信用生命保険や固定資産税などの費用は、家が無事にできて引き渡しを終えてからもかかり続ける、住居購入に関する費用といえます。家は長く使っていると補修しなければならなくなりますので、シミュレーションではその点も折り込みましょう。

一括で払うには高額すぎるお金が家の購入ではかかりますので、住宅ローンが必要不可欠となります。住宅ローンは長期にわたり返済するのが一般的です。選んだ住宅ローンによっては、将来の家計に占めるローン返済の負担が想像以上に大きくなることもあります。

住宅ローンの特徴を知り、自分のライフプランを踏まえて将来にわたり返済が続けられるかなど、総合的に考えて選ぶことが大切です。住宅ローンを組む時はシミュレーションをしっかり行い、明るい未来に繋げていきましょう。

住宅ローンの審査が有利になる条件とは

ローンの返済中に、新たに住宅ローンの申し込みをした場合、審査は通りづらくなるものでしょうか。家を買ってローンの返済を月々行うことと、賃貸住宅に暮らして毎月家賃を支払うことと、どちらが自分にとって合理的なお金の使い方なのか迷う人もいるようです。金利がマイナスに突入していることもあり、住宅ローンの金利が低い今のうちに、新しく家を買ってローンを組むべきではないかという人もいるようです。新規でローンを組む時には、審査を受けることになります。

金融会社による審査で高い評価を得るためには、返済中のローンがあるなら、全額返済し終わって返済実績をつくってからのほうがいい結果につながります。金融会社は審査の際に他社借入件数や返済履歴を確認します。クレジットカードやキャッシングの利用履歴などは、全情報が開示されます。ただでさえこれから高額のローンを契約するので、他の借り入れがある場合は、不利になる可能性があります。審査に不利にならないカードローンの例として、住宅ローンの会社とカードローンの会社が一緒な場合があります。

カードローンを金融会社から借りていれば保証会社がもしもの時に対応してくれるため、銀行にとっては困った事態にならないからです。むしろ、今まで借りたお金をしっかりと返済できている人であれば、返済能力の高い顧客として評価されることもあります。カードローンの融資を受けていた金融機関で、住宅ローンの融資を受けると金利が有利になるということもあるので、今まで銀行などのカードローンを使っていた人は、同じ金融会社の住宅ローンにするのはいい考えです。

反対に、消費者金融会社や信販会社のキャッシングを利用していたなら、できるだけ返済を終わらせておきましょう。金額によっては審査に与える影響が大きいので、多少無理をしてもそれらを完済してから申込みを行った方がいいでしょう。

ローンの借り換えと審査

ローンには審査がつきものです。借り換えローンに際しても、審査で借りられるかどうかがわかります。借り換えを行う時には、審査は前より難しくなると考えていいでしょう。金融機関にとっても、融資を行うかどうかの見極めはとても大事です。現時点で、他社から借りているローンがどのくらいあるかや、過去に返済を滞らせたことがないかなど、細かな点までチェックした上で、審査の結果を出すところが多いようです。ローンの借入総額が途中で増えていないかや、返済遅延や自己破産などをしたことがないかが審査では調べられます。

借り換え時の審査では、担保を使う場合はその評価額がどのくらいになるかも確認されるでしょう。担保評価額を出す必要がある場合も、しっかりと判断されるようです。借り換えを希望しているものの、以前と比較すると大幅に中古住宅の価値が下がり、担保割れしていることもあります。ローンの借り換えをしたくても、担保評価額が低すぎることもあります。審査の結果、希望額までの融資ができなかったという人は、少ない借入金額で妥協するか、他の金融機関からの借り換えを検討することになります。

近年では、担保割れをしていても借り換えローンができるように、評価額の200%までの融資を行っているという金融機関も存在します。一軒目の金融会社と折り合いが合わずに、融資が受けられないこともあります。一つにこだわらずに借り換えローン先を探すことによって、借りやすいところが見つかったりもします。

法改正とローンの審査

ローン審査に大きな影響を及ぼす法律が施行されたことにより、2010年より、アルバイトやパートで仕事をしており収入が安定していない人の審査条件が差ができているようです。新規のローン申込みが困難になると言われています。最近は、ローンの支払いで月々の負担をどれだけ減らしても、他社への返済のために借りたお金が返せない人が多くなっています。他のカードローンやクレジットカードを作ることを繰り返し自己破産等に陥るケース等が増えているようです。

多重債務を事前に防ぐ目的での法改正が行われたとされています。一般にローンでの買い物はクレジットカードやキャッシングなどと比べて金利手数料が低くなっています。収入の範囲内で無理のない返済ができるようなローンの使い方ならば、ローンは日々の生活をバックアップしてくれます。ですが、審査に通らなければローンは使えませんし、借りたお金には利息がつきます。現時点で、クレジットの返済とローンの返済が重なっている方もいます。

法律が見直されたことにより、新しい借入が通らなくなったり、クレジットカードが再審査の対象になって使用できなくなるという事態も考えられているようです。住宅ローンやマイカーローンの審査も、条件設定やハードルの高さか変わってくるだろうと言われています。ローンやクレジットカードによる借り入れは、大変便利な金融サービスですが、利用方法によっては毎月の返済に追われることになり兼ねません。不必要なローンを使わないことや、健全な金銭感覚を持つことが、審査に通るためには必要なことです。

低金利のカードローン

低金利のカードローンはあるでしょうか。クレジットカードやカードローン用のカードがあれば、思いがけず金銭が必要になった時でもすぐに対応ができます。かつては、カードローンやキャッシングの利用は利息がふくらんで返済が大変になるものだという印象がありました。この頃は、キャッシング会社の中でも低金利でのカードローンを提供しているところが多いようです。経済情勢が世界的に悪いことからも、低金利の融資が金融業界でも珍しくありません。

銀行にお金を預けても、低金利のために利息かほとんど増えません。住宅ローンなどの大口の借り入れの場合は低金利での融資が可能になっています。10年ほど前に貸金規制法が見直されたこともあって、カードローンはより低金利の融資が期待できる金融商品になりつつあります。ただし、どれだけ手軽に低金利の融資が実現できたといってもカードローンは借金ですので、返済できる範囲で借りるようにしましょう。

カードローンやキャッシングは、すぐに金銭がいる時に他に取る手段がないならば、頼みの綱になってくれるでしょう。ですがカードローンは安易に使わず、どうしても必要だという時だけ低金利のローンを組むようにするべきです。いくら低金利のカードローンでも利用する際の借入金額は必要最小限にとどめ、まとまったお金が入ったらすぐに返すようにしましょう。

マイカーローンを利用する時は

マイカーローンを利用する時に確認しなくてはならない点がいくつかあります。ローン融資を受ける時は金利が重要です。申込みの前に必ず把握しておく必要があるでしょう。ローンの金利は、安いほうが勿論良いのですが、金利が低い場合はマイカーローンの審査基準が厳しいところが多いとも言われます。申込者の条件によっては、マイカーローンの金利に優遇措置が取られるところもありますので、調べてみてください。例えば、銀行系のマイカーローンならば口座開設済みの顧客や、給与振り込み口座にしている顧客への金利は低くなります。

また、低公害車を買おうとしている時も、低い金利での融資が受けられます。他にもマイカーローンのキャンペーン期間中などで、優遇金利などのサービスをしていることもあります。マイカーローンの条件を検討する際、重視したいことに保証人を必要とするかどうかがあります。マイカーローンを利用する時に保証人のあてがあるなら、保証人がいる時といない時との両方で条件をチェックすることです。手続き前に聞いておく必要もあるでしょう。

どういった審査で判断をしているかは、マイカーローンを扱う会社によります。マイカーローンの融資を受けるには、その金融会社の行う審査をパスしなければなりません。他社からのローン利用状況やキャッシング利用歴が、マイカーローンの審査対象になります。

自動車ローンの審査について

独身のころは、それほど車に興味を示さなかった若者でも、結婚すると家族のために車がいるようになります。自動車を購入するときには、現金購入ではなくて、自動車ローンの利用を検討する方も多いと思います。また、自動車を購入する必要が生じた時に資金が足りない人は、ローンを遣うしかありません。よほど資金が潤沢な人でなければ、一括購入は困難です。手持ち資金をすっからかんにしてまで自動車を買うことはないでしょう。自動車ローンを取り扱っている金融機関は様々なところがあります。

銀行系、信販系、ディーラー系などで、金利や、融資の特徴が違います。申し込み手続きが簡単なことが、ディーラー系ローンの大きな強みです。金利が高いというネックがありますが、ディーラーローンは販売会社としても望ましいローンなので、審査は早く、書類作成は簡単です。信販系の自動車ローンは、借入れ時の条件はあまり厳しくない傾向があるようですが、ローンの金利も高いのが一般的です。低金利の融資を探すなら銀行系の自動車ローンですが、審査には時間もかかり、条件も厳しめです。

一般的には、窓口まで行って手続きをするものでしたが、インターネットの普及により、ネット手続きも広まりつつあります。働いている人が、平日の日中に、ローンの手続きをするための時間を捻出するのは大変です。その上、審査完了までしばらくかかります。一度借り入れをしたら、完済までずっとそのローンとつき合っていかなければなりません。どんな金融会社から融資を受けることにするか、よく検討してみてください。

ノーローンで増額融資の審査に通るには

不測の事態が発生して、思いがけずお金が必要になった場合など、増額融資の申し込みが今すぐできればうれしいのにと考えた人は少なくないでしょう。融資の増額を希望する人のために、ノーローンでは会員ページから融資の増額を希望する人のための送信機能が設定されています。インターネットに接続できる環境であればすぐにでも増額の依頼ができ、審査の結果もすぐに出てきますので、とても便利です。もしも融資の増額か認められれば、すぐにでも融資の手続きができるようになっています。

貸付金額を増やせるかどうかは、ノーローンの場合、信用度が上がっているかで判断します。審査のポイントは、半年以上にわたり、ノーローンを継続して利用していることで、当然、返済日に滞りなく返済されていなければプラスの評価にはなりません。半年の利用実績と、返済履歴を有している人は、返済能力がある人物と判断されて、評価は高くなっていると考えてもいいでしょう。借りたお金を、半年以上の間、遅延せずにきっちり返せている人は、今後も返済ができる人物として評価は高くなります。

とはいえ、ノーローンの融資の増額を求めている時に、別の金融会社から融資を受けていると、審査では不利になってしまいます。増額して融資をしても、その融資金を他社の返済にあてるのではないかと思われることが、審査に悪影響になります。融資の増額が必要になった理由を正しく説明し、かつ、増額金額を10万円以下にとどめることが、審査でOKを出すコツです。増額しても、返済は滞りなくできることをアピールすることが、増額融資の審査に通るためには必要になります。

おすすめの記事